1. TOP
  2. わざわざストレッチなんて不要!?そんなに面倒なものじゃない!日常生活の動きですでにやっているストレッチしてます!

わざわざストレッチなんて不要!?そんなに面倒なものじゃない!日常生活の動きですでにやっているストレッチしてます!

こんにちは、本日のストレス度30%のテルマエです。

ストレッチブームが巻き起こる!?

整体師の口からよく出るフレーズ「ストレッチしましょう」というのがあります。

皆さんの中にも、言われた経験がある方がいると思います。

私が整体師をしていたとき、私もお客さんに伝えていました。

整体を受けに来る方ですから、身体が辛くてどうにかして欲しいと思っているはずです。

施術を受けた後、スッキリするのはいいのですが、やはり普段から辛くなりにくくする予防としてストレッチを勧めるわけですが、なかなかできないと言われる方が多いのです。

ストレッチって特別なことだと思っていません?

ストレッチは筋肉を伸ばすという行為なので、普段の生活をしているだけで、たくさんの筋肉を伸ばしています。

例えば、背伸びしたり、あくびをしたり、特に意識をしていなくてもストレッチと同様の動きはしています。

腕を上に伸ばすこともストレッチになる?

しかし、本人が「今、ストレッチをしている」という意識がないので、ストレッチ効果は、ほぼないと言っていいでしょう。

ストレッチは、意識して筋肉を伸ばすことが重要です。また同時に呼吸も意識して行います。

だったら、意識すれば全部ストレッチ?

何気なくとる行動で、ストレッチに該当する「筋肉を伸ばすこと」であれば、あとは意識をするだけで日頃からストレッチをすることができます。風呂上がりや、運動の後にわざわざ時間をとって、ストレッチをすることだけでは、自分は毎日できないという気持ちになってしまいます。ちょっとした意識の切り替えで簡単にストレッチはできるんです。

 

【ストレッチのメリット】

私が思うストレッチの最大のメリットは身体に柔軟性をもたらすということだと思います。

運動の前にストレッチをするのは、骨格筋という骨(骨格)に沿って筋肉がついているので、それを伸ばす(収縮)させることで、運動能力が上がったりや関節の可動域を広くすることで、組織への障害を軽減させることができるのです。簡単に言えば怪我をしにくくなるということですね。

 

【ストレッチの種類】

ストレッチは静的ストレッチ(スタティックストレッチ)と動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)の2種類に分けられます。

整体師の時に私がお客さんにお伝えしていたストレッチは静的ストレッチの方で、筋肉を伸ばす行為を静止した状態ですることです。

動的ストレッチはラジオ体操でやるような、体を動かしながら、筋肉を伸ばしていくことを言います。

なので、普段の生活の中でやりやすいのは、静的ストレッチの方です。

明日からできるストレッチ

デスクワークをしているような長時間同じ姿勢で仕事をするような方は、定期的に上を伸ばし、肩甲骨周辺の筋肉を伸ばすことで、疲労軽減に効果がありますので、背伸びをするときは、「伸ばしている〜」という意識を持ってやっていただければと思います。

毎日ストレッチすると

日常的にストレッチをすることは動かさない関節がなくなるので、代謝改善や健康維持にはとても役立ちます。ぜひ毎日やりましょう。

役に立ったと思ったらクリックして応援してね。
更新頻度ややる気がアップする・・・かも。
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

関連記事

  • 健康になる前に、「死」をはっきりさせておく。

  • 夏フェスは健康にいいのか?天国と地獄のボーダーラインを見極める!

  • セルフケアストレッチって無責任!?良心的な整体師が勧めるストレッチの理由とは

  • リンパの流れを掴むと健康になるのはなぜ?整体師が伝えたい美肌とリンパの関係

  • ストレスが溜まりすぎた時にやる事。緊急で行う整体師的メンタルケアとは

  • ストレッチが必要なのは、身体の柔軟性をアップするため!? 柔軟がもたらすメリットを教えます!