1. TOP
  2. カルビーとケロッグどちらがお好き? シリアル界の仁義なきシリアルの戦い!

カルビーとケロッグどちらがお好き? シリアル界の仁義なきシリアルの戦い!

こんにちは、本日ストレス度10%のテルマエです。

仁義なきシリアルの戦い!?

私は、朝、スムージーを飲んでいますが、それと一緒に食べているのが、シリアルです。

最近は、シリアルブームといっていいほど、スーパーにいくと、多種多様なシリアル商品があります。

カルビーとケロッグどちらがお好き?

私が、よく行くスーパーには、ケロッグと カルビーの商品が目立つところにあります。

たくさんの種類がありますが、その中でも子供の頃に食べたコーンフレークは砂糖がガッツリ入っているので、選びません。

私が意識して選んでいるのは、食物繊維が入っているものと、普段あまり食べないような果実やナッツ類が入っているものです。

極端にいえば、シリアルは美味しい味のするものは、結局砂糖が大量に入っているので、美味しくなさそうなものを選ぶのがポイントといえます。

シリアル界のあるある

甘くないシリアルには、干し草みたいな味のするものがあって、食べてるだけで、牛になった気分になります。

シリアルは商品価格が結構するので、やはり安さにつられてしまうこともしばしば。

様々なブランドがありますが、、結局手に取るのは、ケロッグかカルビーの商品なんです。

各社の商品構成はかなり似ているし、パッケージデザインもそっくり。

 

パッと見、見分けがつかないパッケージ

特別どちらの方がいいとかないので、こちらとしてはいいのですが、企業としては、どうなんですかね。

マーケティングを突き詰めるとターゲットが似てきてしまうのかもしれませんが、スーパーの陳列を見ているとカラフルなのはいいのですが、結局中身ではなく、値段で決めていると感じてしまいます。

どちらに軍配!?結局価格勝負

輸入商品とかがもっと台頭してきたら、スーパーの陳列に変化が起きるのでしょうか。

シリアルは一緒に牛乳などをかけて食べたりしますが、牛乳ってイマドキ、健康食品に入るのでしょうか。

戦後では、「栄養の王様」のようなイメージで、誰もが飲む日常的な飲み物だったでしょうし、何より給食で毎日飲まされていました。

ネットで牛乳はネガティブキャンペーン!?

牛乳は、まず腸に影響します。乳糖不耐症といいますが、これは、日本人の8割がなっているようです。

そして、食物アレルギーになります。牛乳の成分は消化しにくいもので、それが原因でアレルギー疾患につながるワケです。

最後は、これまでの常識が全く逆貼りなことになりますが、牛乳は骨を弱くしています。

え、 嘘でしょ?そう思う方もいるかもしれませんが、キーワードは「カルシウム」。

牛乳には、カルシウムがたっぷり入っています。これは、小さい頃から耳にしていて、ほとんどの方が知っている事実。

しかし、これがまさに問題なんです。「身長伸ばすために牛乳をたくさん飲む」みたいなことをすると、カルシウムの摂取量が過剰になり、体内にあるカルシウムを排出してしまう恐れがあるのです。なので、牛乳はガブガブ飲むものというより、ほんの少し飲むというのがベストなんです。

私の場合、スムージーやコーヒーで、既に牛乳をとっているので、シリアルにかけると過剰になってしまいます。最近はどれも豆乳に切り替えて、牛乳を取りすぎないようにしています。

 

シリアルの選び方も、食べ方もバランスが大事ということですね(無理矢理?)

役に立ったと思ったらクリックして応援してね。
更新頻度ややる気がアップする・・・かも。
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

関連記事

  • 朝食の究極レシピ!?シリアルスムージーを食べる?